初学者の勉強の始め方

簿記知識に経理の実務経験もない初学者の方にとってもっとも不安なのが、簿記の勉強をつまずかずにスタートし、また、合格レベルまで到達できるのか、ということではないでしょうか。

確かに、勘定科目や貸方に借方、さらには仕訳に財務諸表といった簿記の専門用語をはじめ、様々な簿記のルールを覚えなければならないため、初学者の方の不安も良くわかりますし、実際に私も勉強を始める前は不安でした。

しかし、勉強の始め方を間違えなければ、それら簿記の知識もスムーズに覚えることができ、また、合格レベルの知識にいたるまで勉強を継続することは、そう難しいことではありません。

いきなり講義メディアを試聴する

そして、そのために必要な教材が、先の通信講座を選択する方法を提案するページで、〝必須教材〟とお伝えした講義メディア、特にDVD講義の存在です。

初学者の方は、いきなりDVD講義をひと通り試聴して下さい。事前にテキストなどを読む必要はありません。なんのためにそうするのかといえば、みなさんがこれから学習する簿記2級試験の勉強範囲を大まかに把握するためです。

後にテキストを読むことでわかるのですが、テキストを読み進めることで「ここはDVD講義で『重要なポイント』って言っていたなぁ…」など、事前に試聴したDVD講義の内容を思い出すことがあるはずです。

そう! ただ流し試聴しているだけで、すでに脳は記憶しているのです。DVD講義の内容を大まかでも記憶していれば、テキストの理解度も早くうろ覚えの内容も、テキストにより復習することでより記憶は確かなものになるのです。

つまり、いきなりDVD講義を試聴するのは、〝記憶の下地を造る〟ということなのです。こうして下地を造っておけば、その記憶は大まかでも、後に行うテキストなどの勉強により、その記憶は詳細かつ正確に脳へと刻まれるのです。

そのためにも、特に簿記を初めて勉強するという初学者の方には、是非、講義メディアが標準で付属する講座を選んで欲しいと思います。もちろん、ハイビジョン撮影されるなど、画質に音質も高品質な講義メディアがお勧めです!

<< 前のページ次のページ >>