簿記2級合格スケジュール

受講する講座が決まれば、いよいよ簿記2級合格に向けた勉強がスタート! と言いたいところですが、ここでひとつ質問です。

以前のページで、平日は2時間、土日の各5時間と理想の勉強時間を提案しました。例えば業務のある平日の場合、みなさんはこの2時間を1日のうちどの時間に確保することを想定しているでしょうか。

多分、多くの方が帰宅後の夜間かと思われます。しかし、帰宅後には食事や入浴といった細かなこと、そして、何より仕事による心身の疲労もあって、なかなか勉強に集中できない時間帯でもあります。

1日の勉強時間を分割する

そこで提案したいのが「分割勉強法」です。まず、私が簿記2級を受験する際、平日に実施していた平均的な勉強スケジュールを紹介します。

<ある平日の勉強スケジュール>

06:00

 ~ 

起床&シャワー

06:30

 ~ 

簿記勉強(主にテキストによる暗記)

07:30

 ~ 

朝食&出社準備

08:00

 ~ 

電車通勤&簿記勉強(i podでDVD講義の試聴 or テキスト読み)

09:00

 ~ 

午前業務開始

12:00

 ~ 

昼食

12:30

 ~ 

会議室など空き部屋にて簿記勉強(主に過去問)

13:00

 ~ 

午後業務開始

19:00

 ~ 

退社

19:15

 ~ 

電車通勤&簿記勉強(i podでDVD講義の試聴 or テキスト読み)

20:15

 ~ 

帰宅&食事&休憩

21:30

 ~ 

簿記勉強(過去問→DVD講義で確認)

23:00

 ~ 

入浴&休憩

24:00

 ~ 

就寝

上記のとおり、私は帰宅後に一括して2時間を確保するのではなく、早朝、往復の通勤電車内、昼食後の休憩時間、そして帰宅後と、1日の勉強時間を4回に分割し、合計して3時間~3時間半の勉強時間を設けました。

しかし、1回の勉強時間は長くても1時間から1時間半と短いため、飽きっぽい私でも集中力を切らすことなく勉強することができました。

もちろん、様々な理由で通勤時や昼食後に勉強できないという方もいることでしょう。しかし、帰宅後だけで毎日2時間の勉強時間を確保するのは思っている以上に難しく、仕事の疲労から勉強に身が入らない可能性もあります。

出来ることなら、起床時間を通常よりも1時間早め、その1時間を勉強に充ててみてはどうでしょうか。朝に1時間の勉強をこなしておけば、あとは帰宅後に1時間やれば、平日2時間というノルマは簡単にこなせるはずです。

分割勉強法は、そうしたノルマへの心理的な負担をも軽減してくれる、ハードルの低い勉強方法なのです。帰宅後の2時間勉強にプレッシャーやストレスを感じている方には、1日の勉強時間を分割することをお勧めします。

<< 前のページ次のページ >>