通信講座を比較検討するならここを見る

通信講座は資格予備校に比べて格安な上に、資格予備校以上の教材とカリキュラムを提供してくれるのは、<テキストとDVD講義で選ぶ>で書いたとおりですが、
では、実際に通信講座を選ぶときにはどの点を比較検討すれば良いでしょうか。

通信講座ならどれでも良い、というわけではなく、
やはり比較検討することが大事です。私がポイントだと思うのは、

・合格率
・勉強の期間
・サポート体制
・費用
の4つです。



●合格率


最初の合格率は、実はほとんどの通信講座では公開していません。だからこそ、きちんとデータを取って公開している通信講座の会社は信頼できると思います。



●勉強期間


次に重要なのは、その教材で勉強すると、どのくらいの期間で合格に手が届くのかということです。

もちろん、人によって毎日の勉強時間が違うので一概にはいえませんが、1カ月なのか3カ月なのか、それとも半年かかるのかなど目安の時間がわからないと手が出せません。

どのようなカリキュラムをどの程度のスピード感で勉強できる教材なのかの目安がほしいですね。

この、勉強期間については通信講座の会社が公開している期間だけでなく、実際にその教材を使って勉強し、合格した人の「合格者の声」や「合格体験記」がかなり参考になります。

むしろ、そっちの方が真実味があります。だから、できるだけたくさんの合格体験記などを参考に選ぶのが良いと思います。

それについては、<通信講座で合格した人の勉強法とは?>でも書きます。



●サポート体制


次に、サポート体制です。

資格予備校に通学するのと違って、通信講座は目の前に講師がいないので、質問などのサポート体制が良くないと、独学とあまり変わらなくなってしまいます。

そこで、最低限ほしいサポートとして、質問のメール受け付け、メール回答は、外せません。

質問の回答もできるだけ早くもらえた方が良いですよね。時間が掛かると、その間勉強が止まってしまうからです。

電話サポートがあれば尚良いと思いますが、質問時間が限られている電話よりは、深夜早朝でも質問できるメールの方が使いやすいでしょう。



●費用


最後は費用です。

上記3点を比べて絞り込んだら、最後は安い方を選ぶというのが正直なところです。

ここで大事なのが、最初に費用を比べるのではなく、最後の決め手にするということです。きちんと上記3点を比べて納得出来ていれば安くても安心です。

逆に安さだけで選ぶと、質問サポートが充実していなかったり、合格まで時間がかかったりといった落とし穴があるかもしれません。

あくまで、最後の決め手として、費用を比べます。

私の比較検討ポイントは上記の4つですが、この他にも気になる点があれば自分なりの比較検討ポイントを決めて考えると、迷いすぎることもないし、納得の教材に出会えるでしょう。


<< 簿記2級の前に3級の勉強をするなら、留意点は?
通信講座で合格した人の勉強法とは? >>