簿記2級の前に3級を受けなくてもOK? 

ウォーミングアップとしてはOK

簿記2級試験は、受験資格も別にありません。受けたくなったら出願すれば受験票を発行してもらえます

そういう意味では、FP2級試験あたりとは根本的に違いますね。FP2級の受験資格を手に入れるために3級から受ける人もよくいますよね。
ところで、日商簿記だったら、2級を受けるまえにまず3級を受ける必要はあるでしょうか? 

いや、受験資格という意味でなら、ありませんね。たった今書いたように。
だけど、腕試しというかウォーミングアップみたいな目的で、簿記3級から勉強と受験を開始する人だったらいるんですよね。私の身近なところにもいます。

まあ私はいきなり2級からやったクチです。だけど、受験勉強の途中に「3級からやっておいたらよかったかな」と思ったことは何度となくありましたね。
やっぱり人間て、苦難にぶちあたると弱気になりますし。

だから私も「3級から受けたほうがいいんですか?」と質問されたときは、全否定はしないんですよね。

3級を先に学び、受けると何が違うのか

メリット

  • 簿記の世界を、着実にステップアップしながら勉強していける

    ぜんぜん簿記をやったことがないなら、3級から受けたほうが絶対に楽です。いきなり2級のテキストを読むとなると、いろいろなところでつまずいて、時間を無駄にしてしまうリスクがつきものです。

  • 3級と2級を一緒に教えてくれる通信講座が多い
    これはすなわち、「同じ様式のもとで、両方の試験を勉強できる」というメリットになります。同じカリキュラムのもとで勉強したほうが、2級の難しさもだいぶ緩和できるのです。

  • 3級と2級をワンセットにしている通信講座が多い
    これは「3級と2級を、ひとつの流れで教えてくれる」、というだけの意味ではありません。

    「3級の講座料金と2級の講座料金の合計額を、数パーセント~数割値引きしてくれる可能性が高い」、という意味でもあります。

デメリット

逆に、3級から受けたケースの短所

  • 時間も費用も、努力も2倍近くはかかることになる
  • 3級の勉強で「簿記に慣れる」ことができて得するものの、2級も「似たようなものだ」と楽観してしまう失敗のパターンがある

なんて感じだと思ってください。

私は最近、質問を受けたときはその人の都合をまず聞き返すようにしています。
時間がなさそうな人だとわかったら、「いきなり2級の勉強からはじめても、いいと思いますよ」とお答えするようにしていますね。

foresight_boki
foresight_boki