簿記2級合格後の、オーソドックスな進路とは

簿記2級試験に合格したら、その進路はだいぶ約束されたものになってきますね。確実だとは絶対に申し上げられないのですが、それでもだいぶ前進したことになります。

経理の仕事が、進路で最大の受け皿に

原則として、簿記2級は企業において経理業務を行うことを期待される資格です。私も当然、その部分を見込まれて雇ってもらったわけです。ですから皆さんが就職活動をするときに、履歴書に「日商簿記2級検定試験合格」なんて堂々と記入できるのは、皆さんの「シュウカツ」「進路」をだいぶ成功に向けて接近させてくれるはずです。

※もちろん、就職試験で不合格になる可能性がなくなるわけではないですね。それはどんな資格の持ち主になったとしても同じこと。
それに経理の仕事は、簿記2級を持っていない人でも受かることがあるくらいです。つまり簿記資格が決め手にならないことがあっても不思議ではないということですね。
とにかく、ただ資格を持っていることで安心せずに、自分が経理の仕事に、簿記の技能にどれくらい情熱を抱いているのか、面接のときにアピールすることが大事ですね。

ところで。逆に言うと、経理関係の部署以外での就業では、あまり簿記2級資格は関係がありません。簿記の資格があれば経営や財務のことでは目端がきくわけで、それがプラスになることはありますが、決定打になることはまずないでしょう。

ようするに、簿記2級を取って就職したいなら、進路はいろいろな意味で確定してしまうということ。経理の仕事にずっと励むつもりで、就職活動するのがいちばんですね。
ラッキーなことは「結局、経理は企業だったら絶対に誰かがやらないといけない」ということ。小さな企業だって、全国のどこの企業だって、経理は必ず必要となります。需要という意味では相当なものがありますね。

<< 前のページ次のページ >>