簿記2級の合格にかかわるアイテム、電卓をどう選ぶか

みなさんは、何故、日商簿記2級を取得しようと思ったのでしょうか。

簿記2級の試験では電卓の重要性もよく話のネタになっています。試験時間は、問題の数や難易度に比して、余裕があるとはとてもいえません。ようするに問題はできるだけすらすらと解いていくことが理想で、それをやるには電卓で正確に素早く計算を処理することが大切だというわけです。

※ちなみに電卓を買う場合は、そのときの試験の規定に背かない機種でなくてはいけません(これは毎回受験者が自分で必ずチェックする必要があるでしょう)。

実際に電卓を買うときは、結局自分にとって最高に使いやすいものを選び出すことが大切でしょう。もともと事務の仕事をしているような、日々使い慣れている電卓がある人だったら悩むことはないでしょうが、初めて電卓を買うという場合は、なるべくいろいろな機種を試す機会をつくってから選んだほうがいいでしょう。そのほうがおそらく後悔しません。

他人の意見を参考にするのはけっこうですが、簿記2級受験者の手や指のサイズも打ちやすさに関係することがありますし、相性はひとりひとりバラバラです。最後は自分の判断で決めるほうがいいでしょう。

大半の簿記2級受験者にあてはまりそうな電卓選びのポイントとは

・タッチタイピングしやすい電卓であること
いちいち見ながら打っていては間に合わないでしょう。正確に一定のスピードで打ちやすい機種を見つけて、じゅうぶんに叩く練習をしておきたいところです。

・小さすぎず、大きすぎない電卓であること
大きすぎると当然持ち運びがたいへんですね。しかし小さすぎるのもいけません。小さい電卓を操るのに慣れている人は別ですが、キーを叩き間違えるリスクが増えてしまうからです。

・メモリー機能がついていること
この機能があると、複雑な計算をする場合でもその内容を残しておくことができますね。1回1回最初から計算していては時間をロスします(もっとも、最近の電卓でこの機能がついていない機種はかなり少ないはずです)。

なお、簿記2級の模試を受けるときは電卓も当然持って行って、制限時間内に申し分なく使えるか実地で試しておくことですね。もし何か不具合が見つかったときは、選び直したほうがいいかもしれません。

<< 前のページ次のページ >>