便利なメモリー機能を使いこなして差をつけよう!

メモリー機能はどう使う?

電卓の機能の中でも最も便利なもののひとつがメモリー機能です。
会計のプロを目指す簿記検定受検者と言えど、電卓の「M+」や「M-」といったキーをどうやって使うのか分からない…という人ほとんど。

この機能をフルに活用しないともったいない! というわけで、メモリー機能の使い方をマスターして、ライバルに差をつけましょう。

メモリー機能を理解するには、4つのキーを使います。このキーの意味を覚えておくだけで、格段に作業が効率化するはず。まずは、キーの意味から解説します。

①「M+」(メモリープラス)

表示されている数字や計算結果を電卓に加算して記憶させるときに使います。
例えば… 「10」「+」「10」「M+」と入力すると、10+10の計算結果が電卓に加算して記憶されます。

「M-」(メモリーマイナス)

表示されている数字や計算結果を電卓に減算して記憶させるときに使います。

例えば… 「10」「-」「10」「M-」と入力すると、10-10の計算結果が電卓に減算して記憶されます。

「RM」(リターンメモリー)

電卓に記憶させた数字の残高を確認するときに使います。電卓によっては「MR」(メモリーリターン)となっているものもあります。

例えば… 「10」「M+」「20」「M-」「RM」と入力すると、10-20=-10の計算結果が表示されます。

④「CM」(クリアメモリー)

電卓に記憶させた数字の残高を消去するときに使います。電卓によっては「MC」(メモリークリア)となっているものもあります。

例えば… 「10」「M+」「20」「M-」「RM」「CM」と入力すると、10-20=-10の計算結果を消去します。

foresight_boki
foresight_boki