簿記に受かれば就職は有利なんでしょうか?

専門の事務職への道が開ける

簿記の資格を取得しても、就職に役立つのかと疑問を胸に抱いているのではないかと思います。

実際、簿記を持っていると、色々なところで就職に役立ちます。簿記の資格が生かせる職種で言うと、以下があります。

簿記資格が活かせる職種

  • 経理:
    帳簿を付けるお仕事
  • 財務:
    会社の経営状態を考えつつ資金調達する仕事
  • 会計:
    財務諸表を作る仕事
  • 営業:
    自社の商品をセールスする仕事

当たり前のことになってしまいますが、財務は「税理士」、会計は「公認会計士」の資格があった方が資格としては強いです。

しかし一方で、求人の「資格」の欄が「簿記2級」となっているもけっこうあります。
経理と財務の仕事を合わせた「経理財務」という職種がありますが、ここでも、簿記2級があれば、資格としては申し分ありません。

営業職の簿記は有利?

「営業」を挙げたのは不思議に思うかもしれません。でも、営業職での就職活動に簿記2級は効きます。

なぜかというと、営業が簿記の知識を持っていれば、顧客の経営状態が分かるので、それに合わせて的を射たセールスができるためです。

求人を出して、応募者が複数いて、その中の1人が簿記2級を持っていたら、簿記を持ってる人を一番の候補に考えるでしょう。

もちろん、それに気づかない面接官もいるかもしれないので、簿記を資格として活用して営業職に応募するときは、履歴書の「自己PR」欄なり面接のときなりに、しっかりアピールすることも忘れてはいけません。

起業を考えるのもひとつの大きな手段

簿記の資格が役立つには、他にもあります。就職じゃなくて、起業するというときに活用できます。
簿記の知識があれば、会社の経営状態を専門家として考えつつ事業を続けられます。

経営体質が健全になるので、軌道に乗せやすくなるでしょう。
起業しようという人は、会社の業務に関しては色々勉強していますが、経営とか経理は素人だったりします。

だから、起業しても経営失敗する人が多いのです。
起業した会社が10年後も事業を続けられている割合は1/10と言われます。ここまで低い数字は、経営を知らずして起業してしまう人が大変多いことが原因だと思われます。

お住まいの近くで起業相談などのサービスがあれば、自治体で補助してくれたりもするので、就職口がないなら、地方で起業もいいと思います。

地方にIターンして起業してもいいでしょう。ただし、その前にしっかり簿記の勉強をして、経営について知識をつけておきましょうね。

foresight_boki
foresight_boki