簿記試験3種類の違い

自分のレベルや目的に合わせて選択せよ!

簿記試験といえば、今の世の中では何はともあれ、「日商簿記」です。
簿記試験には3種類がありますが、ここで軽く整理しておきましょうか。

簿記検定という名前が付いているものだけでも、実施団体や試験の内容が違ういくつかの検定が存在しています。

主なものを3つ紹介しますので、どの検定を受検して資格を得れば、自分にとって有利となるかをよく考えて選びましょう。

日商簿記

「日本商工会議所」が主催する試験です。文部科学省の認定を受けています。
日商簿記試験は年に3回の頻度で行われています。

1級から4級まであって、すべて筆記試験のみが行われます。1級に合格すると、税理士試験の受験資格が得られます。

いくつかある簿記検定の中でも一番歴史があり、社会的評価が高いのが特徴。
就職試験などで有効なのは、日商簿記2級からというのが一般的な判断です。

全商簿記試験

「全国商業高等学校協会」が主催する試験です。全商簿記試験は年に2回の頻度で行われています。
帳簿を作成する手順や財務諸表の作成、それらの数字を読み取る能力を試す試験となっています。

こちらの検定は、主に商業高校の生徒が勉強の進み具合をチェックする目的で受検するもので、大学進学や就職など以外には、ほとんど評価されません。
検定は1級から3級まで行われています。

全経簿記試験

「全国経理学校協会」が主催する試験です。こちらも文部科学省の認定を受けています。全経簿記試験は年に4回の頻度で行われています。

1級から4級まであり、すべて筆記試験のみで検定が行われます。
1級に合格すると、税理士試験の受験資格を得ることができます。

こちらの検定は主に専門学校生が受検するといわれていて、一般的には日商簿記検定よりレベルが低めだとされているので、税理士試験の受験資格を得るために1級の検定を受検する、という人も多いようです。

それぞれの違いについて

日商簿記試験と残りの2つの違いはどこにあるでしょうか? 

単に知名度が違うだけではないですね。全商簿記は、商業高校の生徒のためにつくられたというニュアンスがあります。

そのため、高校生の学力等に合わせているため、どうしても全体的な水準という意味では高いとはみなされていません(それなりに有意義な試験であることは事実ですが)。

その点全経簿記に関しては、経理学校という経理のエキスパートを養成するために存在する機関が管轄しています。
全商簿記よりも実務志向が高いことは間違いありません。

その意味で探ると、全経簿記と日照簿記の内容の差は、近年かなり希薄になっているとよくいわれています。

ただしそれでも、日商簿記ほどではないといわれていることもまた事実。

そして一般企業社会からのこれまでの評価が違いますから、結局日商簿記を受けたほうが、それも2級まで合格したほうが就職市場においてはただちに有利な立場になりやすいものなのです。

foresight_boki
foresight_boki